Ruby On Rails 6 で変更が反映されない場合の対応

NO IMAGE

config/environments/development.rb を修正。

fdsa


  config.cache_classes = false
  config.reload_classes_only_on_change = false
  config.file_watcher = ActiveSupport::FileUpdateChecker

fdsa

config.cache_classes: アプリケーションのクラスやモジュールをリクエストごとに再読み込みするか(=キャッシュしないかどうか)どうかを指定します。config.cache_classesのデフォルト値は、developmentモードではfalseなのでコードの更新がすぐ反映され、testモードとproductionモードの場合はtrueなので動作が高速になります。

config.reload_classes_only_on_change: 監視しているファイルが変更された場合にのみクラスを再読み込みするかどうかを指定します。デフォルトでは、autoload_pathで指定されたすべてのファイルが監視対象となり、デフォルトでtrueが設定されます。config.cache_classesがtrueの場合、このオプションは無視されます。

config.file_watcher: config.reload_classes_only_on_changeがtrueの場合にファイルシステム上のファイル更新検出に使われるクラスを指定します。デフォルトのRailsではActiveSupport::FileUpdateChecker、およびActiveSupport::EventedFileUpdateChecker(これはlistenに依存します)が指定されます。カスタムクラスはこのActiveSupport::FileUpdateChecker APIに従わなければなりません。

未分類カテゴリの最新記事